お風呂の掃除頻度を減らせる?ユニットバスおすすめオプションとカビ予防策はコレ

風呂掃除の頻度を減らす⁉

皆さんのご家庭ではお風呂掃除は誰の仕事でしょうか?

旦那さん?それとも奥さん?

我が家の場合は当然のようにワタシが掃除担当です。。。

それなりにまめに掃除しているつもりでも発生してしまう赤カビ・黒カビ。

ワタシも含めできるだけお風呂掃除は楽に済ませたいのが本音なわけです。

そこでおススメしたいのがこれからお話する浴室掃除を楽にするための3つのポイント。

①浴室の構成は極力シンプルにする
②浴室のカビは出る前にまず予防する
③浴室の収納は『置く』は厳禁。『吊り下げる』を徹底する

今回は我が家のお風呂掃除が楽にした3つのポイント紹介していきます。

浴室のな構成は極力シンプルに。成功の秘訣はオプション選択にあり

これからユニットバス選びをする人にぜひ心がけてほしいのが『なるべく浴室のオプションはできるだけシンプルにする』ということです。

カタログを見たりやショールームの展示品を見ていると、ついついあれもこれもとオプション選択したくなります。。。

その気持ちはものすごくわかります。

でも、お風呂の掃除のしやすさを第一優先して考えたいのなら、浴室の構成は極力シンプルにしておくことがおススメします。

今どきのユニットバスは各メーカーさんよく考えられていて、至れり尽くせりのオプションが用意されているわけです(もちろんお金は出せばの話ですけど。。。笑)

ただ、オプションを増やしていくとそれだけ掃除が必要な箇所も増えて、大変になってくることが多いわけです。

掃除の手間を軽減するには浴室の構成を極力シンプルにすることがはじめの1歩というわけです。

我が家の場合も、タオル掛け、風呂フタフック、収納棚、シャワーヘッド用のスライドバーもすべて無くしました。『なんでもかんでも無くしてしまうと実際不便じゃないの?』と心配になる人もいるかもしれませんがそこは大丈夫。

ここでおススメしたいのが市販されている磁石アイテムを利用です。

お風呂で必要な機能はたいてい市販の磁石アイテムで解決できます。

磁石で脱着可能であれば浴室内を洗うのはもちろんアイテム本体を洗うのも非常に楽で助かりますよ。

風呂ふたフックは1点式より3点式?掃除優先のフックなしが最強か!?

浴室のカビは出る前に予防。まずはともかく燻煙そして燻煙。

まめに風呂掃除・換気を行っているつもりでも、気づくと発生してしまう赤カビ・黒カビ。
そんな赤カビ・黒カビ予防にはやはり防カビ燻煙剤が効果的。

以前、我が家では使っていなかったわけですが、半信半疑ためしに使ってみた所効果てき面。

今ではおおよそ1~2か月1回は防カビの燻煙剤を必ず使うようにしていて、ピンクカビ・黒カビの発生は驚くほど押さえてくれています。

お風呂掃除がそれほど好きではないワタシからすると使い始めたらやめることができない最強の予防アイテムといえるかも!?

現在、家づくりを進めていてこれから新居が完成予定という人は入居後まずすることの一つにお風呂で燻煙剤を使うことを強くおススメします。

あとはしっかり継続するだけで間違いなくお風呂掃除の頻度は減らすことができるはずです。

浴室の収納は『置く』は厳禁。今日から始める『吊り下げ収納』

石けんやシャンプーをお風呂の床にじかに置いていませんか?

お風呂の床は常に濡れがちなので、床に置かれたシャンプーボトルの底には細菌が繁殖してピンクカビと呼ばれるヌルヌルとした汚れになってしまうわけです。

このヌルヌルを防ぐためには、シャンプーなどのボトルを床から離して収納するのが一番です。

他にも風呂おけや掃除道具、こどものおもちゃだってなんでも吊り下げ収納しちゃいましょう。

なるべく床との接地面を減らす収納を心がけることがヌルヌル汚れを防止につながりますよ。

まとめ

何かとめんどうなお風呂の掃除。掃除をこまめにしないとカビやぬめりの発生は避けられません。

今回紹介した3つのポイント
①浴室の構成は極力シンプルにする
②浴室のカビは出る前にまず予防する
③浴室の収納は『置く』は厳禁。『吊り下げる』を徹底する

ぜひ参考にしてすこしでもお風呂の『めんどくさい』を軽減してみてください。