寝室にテレビは本当に必要?テレビを置いてから後悔しないために考えたいコト

まず質問です。寝室でテレビを見る頻度ってどれくらいですか?
新築住宅を計画する際、とりあえず寝室にもテレビのアンテナ線を計画されている人が多いと思います。ワタシも最初の提案にはとりあえずアンテナ線は1箇所計画するようにしています。
でも、アンテナ線設置しているからといってどこにでも思い通りにテレビが置けるとは限りません。最近は寝室にはベッドを置かれる場合が多く、スペース的に結局テレビは設置できない!なんてことも起こりえます。寝室にテレビを置くことを考えているならプラン段階からより具体的に考えておくべきです。
今回は寝室のテレビについて一緒に考えていきましょう。

寝室テレビの3つのポイント

まず寝室にテレビを設置するなら気を付けておきたいポイントを3つほどあげてみます。

1:テレビの設置高さ

実際に使うベッド高さによりますが、おそらく通常ソファーからみる視線の高さとは若干違いが出てくるはずです。あまりテレビの位置が低すぎると見づらいので、事前にどのくらいの高さだとしっくりくるのか確認しておきましょう。

2:奥行と通路の確保

いざテレビを置いた時、日常の動線を遮ってしまうようでは問題です。最近のテレビはますます薄型になり省スペース化が進んでいますが、問題はどこにどのように置くかです。設置方法によって必要な奥行き寸法も変わってくるので設置位置と一緒にどのように置くかもしっかり考えておきましょう。

3:ベッドとの位置関係

ベッドに対して正面に置くか、横に置くかによっても部屋の形やベッド位置に違いが出てきます。ちなみにワタシの場合、寝室にテレビを置くのであればベッドの正面側にテレビがある方が好みですが皆さんはどうでしょう?プランニングの初期段階からベッドの置き方やサイズをある程度想定しながら打合せを進めていく方が良いと思います。

本当にテレビが必要かもう一度よく考えてみること

ワタシの場合、あなたは寝室でテレビをつけますか?と聞かれる場合、答えは『NO』です。

今の寝室にもテレビを視聴できるように一応アンテナ線はあるんですが、実際テレビは置いていません。今後も置く予定はありません。
たしかに一時期あこがれはありました。寝たままテレビ。。。コレは絶対に必要だと。笑

でも、最近ではテレビを見る時間もめっきり減ったし、リアルタイムで見るならリビングの大きなテレビで見ます。寝室はあくまでもリラックスしたり就寝するところとしてなるべくシンプルに最低限のものしか置いていません。昔と違って気になる番組はかたっぱしから録画して好きな時間に視聴できるようになったのも多少影響があるかもしれません。また、今はスマフォやタブレットがあるので、寝室で過ごす時間はこれがあれば十分かなというのが正直なところです。

ですから、『そもそも寝室にテレビを置くか?』を今の生活リズムを想像しつつもう一度家族間で話しあってみてはどうでしょう?
考えてみると意外と見る時間ないよねってことになるかもしれませんよ。

まとめ

今回は寝室のテレビについて考えてみました。皆さんは寝室にテレビは必要派?それとも不要派?どちらですか?
やっぱりなんとなくテレビは置きたいかなと考えている人は要注意。この記事を読んだからにはベッド位置やサイズ・希望の設置設置位置をより具体的に想定しながら考えてみてくださいね。