家づくりで、実際にやってよかったコト10選

この記事では、リノベーションした自宅マンションに実際暮らしてみて「やっぱりコレやって良かった」と思っているをまとめてみます。

家づくり経験者(ワタシ)が語る、やる前もやった後も「コレいいね!」と思うポイント10選です。

先人の知恵は、良い点も悪い点もどんどん参考にしてください。

①オープンタイプの対面キッチン

キッチンは子育ての世代のマストプランともいえるオープンタイプの対面キッチンです。

以前は、キッチンスペースが独立して作りになっていたので、キッチンにいるとなかなか子どもの様子がわからないのでちょっと落ち着かない感じでした。

開放的な対面キッチンにしたら、キッチンからリビング全体を見渡せるのでとても安心です。

キッチンに立っていても家族との会話もスムーズ、テレビも見れるし、部屋も広く感じるのでメリットだらけです。

ただ、同じ対面キッチンでもフルフラットタイプのキッチンは少し抵抗があったので造作のキッチンカウンターを作りました。

I型キッチンを選んだ理由

フルフラットキッチンで後悔は嫌。I型キッチンを選んだ7つの理由

キッチンカウンターで手元は隠したい。家事ラクカウンターの高さと奥行。

②分別ゴミスペース

初期段階から我が家のゴミ事情を向きあいながら、最小限ながらしっかりゴミ置き場スペースを確保できました。

我が家では、一般ゴミ(可燃)、生ゴミ(可燃)、不燃ゴミ、プラスチックごみ・缶/ビン/ペットボトル・雑ごみ(紙ごみ)・ダンボールゴミの7種類の分別ごみを保管するスペースを、キッチン含め3か所に分けて計画しました。

ゴミがあふれかえっている状態はすごくストレスがたまるので、事前にスペースを検討してよかった点です。

特にキッチンはあとからゴミ置き場スペースを確保しようにもどうすることもできないことが多いので注意が必要です。

おしゃれなダンボールゴミ箱のススメ。3大ゴミは45Lのゴミ袋が入る撥水加工付のダンボールで攻略せよ!

キッチンはケユカ(KEYUCA)のゴミ箱!決めた理由とおすすめ寸法。

キッチンのゴミスペースのツクリカタ

キッチンのゴミ箱置き場がない!?分別ゴミから考えるゴミ置き場のツクリカタ

③パントリー収納

キッチンに絶対必要なスペースだと思うのがパントリー収納。

我が家の場合、キッチンスペースの関係上かなりコンパクトな仕上がりなりましたが、予備の食材やら、細かいキッチンツールを効率よく収納できてすごく便利です。

どんなに小さくても検討しておいて絶対損はない収納です。

キッチンに絶対ほしい。失敗しないパントリー収納のツクリカタ

④リビングカウンターデスク

ダイニングテーブル横に設けたカウンターデスクスペースもお気に入りの場所です。

家族とコミュニケーションをとりつつ、ながら仕事をするための最適解です。

パソコンでネットをしたり、書き物をしたりと、ワタシのワークスペースとしてもフル活用しています。

子どもがもう少し大きくなったら、リビング学習スペースとしても大いに活躍してくれそうです。

リビングデスクカウンター

リビングカウンターデスクのつくりかた。絶対に欲しかった理由と使い心地

リビングでパソコン?勉強?使い方で考えるデスクカウンターサイズ

⑤リビング本棚

リビングに絶対に作りたかった収納スペースがこのリビング本棚です。

子どもが生まれてからは特にその必要性を感じるようになりました。

取りだすのも、しまうのもすごく便利なリビング本棚は子どもと本の距離を縮めてくれています。

子どもの本に限らず、ワタシや妻の本だったり大事な書類だったりとリビング収納の中心として活用できるのでおススメです。

リビング本棚

リビング本棚をつくろう。子どもと一緒に使える一番身近なスペース

⑥家族で共有する磁石が使える壁

リビング周りで叶えたかったスペースのひとつが家族で使える掲示板的スペースです。

磁石が使えるように事前に下地を入れてあるので、壁を傷めることなく磁石をつかって簡単に掲示ができます。

保育園からの連絡だったり、支払いの予定だったり、家族の予定はすべてここで確認するようになりました。

ちなみにカレンダーはど定番の「ほぼ日カレンダー」

いまさらですがやっぱりコレ使いやすいです。

実験!マグネットがつく壁にネオジム磁石を使って何枚紙をつけれるか?

マグネットで写真もメモもつけ放題。磁石が使える壁のツクリカタ

⑦室内物干し 兼 ひっかけ収納

共働きの子育て世代で重要なのが室内物干しスペースです。

特に小さな子どもがいると大量の洗濯物を干すことができるスペースが必要になります。

十分なスペースが確保できるなら専用のランドリールームを作るとベストですが、

残念ながら我が家では専用スペースを確保する余裕はありません。

UTスペースもさほど広くないので、リビング含め4か所に黒皮鉄のパイプで作った天吊りハンガーを付けました。

継ぎ目を最小限にしたシンプルなフォルムはインテリアのアクセントとしてもGOOD

洗濯物を干すのはもちろん、洋服をかけたり、カバンをかけたり、グリーンを飾ったりとひっかけ収納としても大活躍です。

意匠性と実用性を兼ね備えたおすすめアイテムです。

アイアンハンガーパイプで「室内物干し」「ひっかけ収納」のW使い

⑧UTカウンター

我が家の洗面化粧台、複数で使うにはちょっと手狭なWサイズ75cmです。

そのため洗面化粧台の横にはメラミンカウンターを設置してスペースを確保しました。

お風呂の際には衣類置き場になるし、必要に応じてアイロン台としてもつかえます。

カウンターの下は洗濯物の保管スペースとして活用していますが、これが個人的にはものすごいヒットアイデア。

毎日大量に発生する洗濯物を分類して保管できるのがすごく便利です。

リクシルピアラと造作カウンターで作るコスパ高めの洗面スペース計画

⑨ウォークイン収納

我が家にもウォークイン収納あります。

でも衣類中心のクローゼットというよりはなんでも収納ができる納戸として大活躍してくれてます。

バック・カバン、工具、防災グッツに保存食料、クリスマスツリーなどの季節モノ、なんでもここに収納しています。

コードレス掃除機の収納場所もココ。

充電しながら収納できるようにコンセントも忘れずにつけました。

ウォークインクローゼット。失敗しない為のポイント10選。

⑩ポーターズペイントでセルフペイントした壁

限られた予算のなか、クロス仕上げだけじゃ物足りないと少しこだわったリビングの壁一面の塗装。

「ポーターズペイント」のセルフペイントを実行しました。

もちろん、セルフなだけに仕上がりの精度はそれなりですが、個人的な満足感は半端ないです。

ちょっと大変でしたが、本当にやってよかったです。

近い将来、今度は家族そろってペイントしようと思います。

ポーターズペイントでDIY。手に入れた壁の質感と100%の満足感

まとめ

家づくりで、実際にやってよかったコト10選

  1. オープンタイプの対面キッチン
  2. 分別ゴミスペース
  3. パントリー収納
  4. リビングカウンターデスク
  5. リビング本棚
  6. 家族で共有する磁石が使える壁
  7. ひっかけ収納兼室内物干し
  8. UTカウンター
  9. ウォークイン収納
  10. ポーターズペイントでセルフペイントした壁

「あとからやっておけばよかった!」

と思うのはもしかすると一番避けたい後悔かもしれないので

気になるならとりあえずやってみるが正解かも!?

ぜひ参考にしてください。