室内はドア?引き戸?開けっ放しなワタシはやっぱり引き戸。

基本開けっぱなしの状態で、必要な時だけ閉めることができる引き戸。
そんな使い勝手のよい引き戸はワタシ好みの建具です。
同じように室内建具には引き戸を採用したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

引き戸中心の暮らし方を考えるなら、まずは引き戸の特徴をしっかり知っておきましょう。

『開いている』が基本の引き戸。

引き戸は開いてる時にまったく邪魔になりません。
つまり『開いてる』状態を基本に作られている建具といっても良いかもしれません。

反対にドアはどうでしょう?
開けた時に扉の厚み+αが開口を遮り少なからず邪魔になります。
つまり『閉まっている』状態が基本になっていると考えることができます。

ですから、室内の部屋間や洗面所など普段開けっ放しの状態で使いたいスペースには
『開いてる』状態を無理なく保てる引き戸がピッタリというわけです。

さてそんな開けっ放しの状態をつくりやすい引き戸にはまだまだ良い点がいっぱいあります。

ルーズな開け具合

全開するもよし。
半分だけ開けておくのもよし。
ちょっとだけ開けてチラ見するのもよし。
とルーズに開閉具合を調整できる上、ドアのように風にあおられて『バタンッ!』と急に扉が閉まるなんてこともありません。

開閉がとってもスムーズ

ドアの場合は開閉時に扉が可動する場所に物は置いておくことができないわけですけど、
引き戸の場合は、どんなに部屋が散らかっていても開閉にはさほど問題にならないわけです。

また、開け閉めする際に横に引くだけですから無駄な動きが出ないのも◎
ドアだと体を手前にかわして開けるにせよ、前に押し出すように開けるにせよ、
開閉時にどうしてもちょっとした動きが必要になるわけです。
でもこのちょっとした動きがなかなかの曲者。
特に車椅子などに乗って開閉を行う場合にはものすごい負担になってしまうので
バリアフリーを考える場合には引き戸での検討をおススメします。

悩ましい。引き戸の計画

使い勝手抜群の引き戸ですが、いざ計画する際にはちょっと悩ましい問題が。。。

引き込みスペースの確保ができるかどうか

引き戸の場合開口部と扉の引きこみ部分を合わせるとドアに比べて≒2倍ほどのスペースが必要となるので、プランによっては初期段階から十分な検討をしておかないと必要な場所にスペースが取れず、引き戸の取付自体ができないってことが起きてしまいます。

構造的に無理がでやすい

あちこちに引き戸を使うことだけを優先してしまうと柱や壁(筋違と呼ばれる構造材を取り付ける場所)が思うように確保できなくなり、構造的に無理な計画になる恐れがあります。
引き戸つけるために大事な構造計画をおろそかにしまっては本末転倒です。。。

スイッチ・コンセント位置にこまる

コンセントやスイッチをつける場所にも注意が必要です。
何度もいうように引き戸を設置すると壁の確保が難しくなるので
注意しておかないと後でスイッチがとんでもなく遠い位置にしかつけれないなんてこともたまに起こります。

気密性・遮音性は確保しにくい

ドアと比べると引き戸は気密性が確保しにくい建具です。
気密性が低いということは遮音性もおのずと低くなってしまうので音が気になる場所は気を使います。
トイレなどは普段扉は閉まっていた方が良い空間なので、音の問題を考えるとむしろドアのほうがよいかもしれません。

レール戸の場合ゴミが気になる

床レールタイプの引き戸の場合はレールの間にゴミが入り込んでしまいます。
またレールで部屋ごとに床が分断されて見える点も意匠的に気になります
そんな時は上吊りタイプでの対応を考える場合もあるんですが、上吊りタイプの場合、レールタイプに比べ扉がバタつきが多少気になるのであらかじめ確認しておきましょう。

部屋を大きく使うなら引き戸で間仕切りがおすすめ

2枚建・3枚建の引き戸を使うと普段は2室をつなぎ広く使えるようにしておくと、
いざご両親や友人が泊まるというときには引き戸で間仕切りすることで別空間として利用できるので便利です。
この時、引き戸高さを天井高さに合わせるとより視線が通るのでより広がりがある空間になるのでおすすめですよ。
ただ、あまり建具の高さが大きくなると将来的な建具の歪み巾もおのずと大きくなってしまうので、天井高さはほどほどにしておきましょう。

壊れるソフトクローズ。つける?つけない?

小さな子供がいるご家庭では、加減をしらない子供たちは開けるも閉めるも全力です。。。
特に引き戸の場合、閉めた扉が跳ね返って戻ってくるくらいの勢いで閉めるなんてこともありますよね。
もし、そんなわんぱくざかりのお子さんがいるなら扉がゆっくりしまってくれるソフトクローズ機構を検討するのも一案でしょう.
どんなに勢いよく閉めても最後はゆっくり閉まってくれるので安心です。
ただ、このソフトクローズ機能をつけるとこの部分が先に壊れることも多いので採用時にはあらかじめ覚悟しておきましょう。

まとめ

建具ひとつだけでも日常生活に思わぬストレスを抱える場合もあります
自分の普段の生活をよく想像しつつ、普段『開いてる』状態・『閉まっている』状態のどちらが自分にとって使いやすいかを考えつつ、ドアにするか引き戸にするかを検討していくと上手な建具計画ができると思いますよ。