キッチン高さを決める際に覚えておきたいポイント

家づくりするからにはおそらくキッチンもあたらしく計画されるはず。

キッチンは毎日使う場所だから、自分の体に合ったサイズを選びたいですよね。サイズがしっかりあっていると体への負担も少なく料理をするのもきっと楽しくなるはず。

今回はキッチン高さを決める際にしっかりチェックしたいポイントについて紹介していきます。

身長からわかるキッチン高さの目安

まず、使いやすいキッチン天板高さの目安をまず知りましょう(あくまでも目安ですよ)一般的に下の計算式で説明されているのをよく見かけますよね。

(身長) ÷ 2+ 2.5㎝ = (基準高さ)

例えば、身長155cmの人は、高さ80cm、165cmの人は高さ85cmといった具合です。簡単ですよね。

ただ、この計算式はではモノを切るときの体勢を基準に高さを出していることってことを覚えておいてください。

なぜならキッチンの動作によって使い勝手の良い高さって少しずつ違ってくるんですね。食器などの洗い物をするのは少し高めの方が負担が減りますし、ガスコンロ(IHクッキングヒーター)などの高さは少し低めの方がきっと使いやすいはずですよ。

それとこの数値がすべてではありません。
どうしても個人差はありますので、実際にショールームなどに行って高さを確認することをおススメします。

ですから、これは自分に最適なキッチン高さを選ぶための最初のステップくらいで考えておいてくださいね。

システムキッチンの場合、各メーカーごと・シリーズごとによって取扱いのある高さは違ってきますが、たいていは80㎝、85㎝、90㎝の5㎝刻みで設定されていることが多いですね。

見落としがち!?これチェックできてます?

では実際にショールームなどでキッチン高さを決める際、どんなことに気をつけながら高さを決めればよいのか?

ついつい見落としがちなチェックポイントをあげていきますよ。(ショールームまで行けない方という方は、ぜひご自宅のキッチンを利用して改めて自分に合ったキッチン高さを検証してみましょう)

スリッパを履く?履かない?

あなたはキッチンに立つときスリッパを履きますか?もしスリッパを履くのであればそれだけで身長が1~2㎝は上がってますよね。ですから、普段スリッパを履いてキッチン仕事をされる方は、キッチン高さを確認する場合にもスリッパを履いた状態で確認するのが望ましいですね。

ショールームで確認する際、外履き用の靴を履いたままだと靴底厚によっては実際の身長より高くなってしまいます。たいてい確認用のスリッパの用意があると思うので、かならずスリッパを履いてから高さを確認してくださいね。

キッチンマットは敷く予定?

スリッパの次はキッチンマット。どうしても水回りにはマットを敷きたいって方も多いです。これも厚さによりキッチン高さの感じ方が変わってくるので事前に考慮するようにしておきましょう。

余談ですが、キッチンたった時にあとちょっとだけキッチン高さが低かったらより使いやすいのに!ってという場合、キッチンマットを敷いて調整してあげるとしっくりくるかもしれませんので試してみてください。

ガスコンロなのか?IHキックングヒーターなのか?

キッチンの加熱部はガスコンロですか?それともIHクッキングヒーターですか?

もしガスコンロを予定されている方はちょっとだけ注意が必要ですよ。ガスコンロの場合、五徳と呼ばれる脚状のパーツがついてくるので、実際鍋やフライパンなどの調理器具を置く位置って五徳の分だけ高くなってきます。そうすると深底の鍋が使いにくかったり、腕や手首が妙に疲れるわってことにもなるので、その辺も意識して高さの確認を行いましょう。

キッチンにたつのはだ~れだ?

以前は『男はキッチンの前に立つな!』って時代もありましたが、今はテレビでも、そして各ご家庭でも旦那さんがキッチンに立つことはめずらしくありませんよね。

普段キッチンを使用するのは奥さんだけであれば、完全に奥さん仕様としてキッチン高さの選定をしていただいて問題ありませんが、旦那さんも頻度よくキッチン仕事をするよって場合で、特にお互いの身長差が大きいときは選定高さはよく考えてくださいね。

それとキッチンをお使いいただく方がご高齢の場合、使いやすいキッチン高さは目安高さよりも低めになりがちなので、よく確認してみてください。

まとめ

以上キッチン高さを考える際の簡単チェックポイントをまとめてみました。

カタログや口コミ、先入観だけで高さを決めてしまうと『使いづらい!!!』ということにもなりかねません。本当に自分が使いやすい高さは自分にしかわかりませんので、最終的な高さ決定はショールーム等で現物に触れてご確認されることをおススメします。