子育てが楽になる。楽しくなる家の間取り&アイデア10選。

『子育て』って大変だぁ。。。
そう、子育てが始まるとママ・パパの生活は一変します。
時期によっては子供から目は離せないし、洗濯物も毎日のように山ほどあるし。。。
でも、子供との何気ない毎日は大切にしたいものです。
せっかく家を計画するならぜひ子育てが楽になる、そして何より子育てを楽しめるアイデアを盛り込んだ住宅を計画してみてはどうでしょう。今回は子育て家族必見。ぜひ取り入れてほしい思う間取り&アイデアについて考えてみます。

対面キッチン

まずは王道の対面キッチン。料理をしながら子供に目配りができるのが最大のメリットですよね。
小さな子供は何をしだすか油断ができません。独立型キッチンの場合だとどうしても視界が狭く、子供を気にしながらいつもソワソワしながらの料理になってしまいます。また、子供にとっても常に親の姿が確認しやすいのも対面キッチンの魅力だと思います。
うちの子も同じ部屋にいてもちょっとモノ影に隠れて親の姿が見えなくなると名前を呼んで探した時期がありました。子供にとっても親にとっても安心につながる対面キッチンは子育て家族には必須の間取りといえるかもしれません。

ランドリールーム

子育てしている夫婦共働きの人にぜひとも検討してほしいのがランドリールームです。
子供がいると本当に洗濯物が多いわけで。。。我が家でも毎日のように洗濯機が活躍しています。
夫婦共働きとなると洗濯機を回すのはほぼ夜。自然と室内干しとなってしまうので専用のスペースがあるとすごく助かります。リビングや洗面所スペースで視界から洗濯物がなくなると生活感が出すぎず見た目も◎なので絶対におススメしたい間取りです。

リビング・ダイニングのデスクカウンター

子供のお絵かきにお勉強とリビング・ダイニングスペースにデスクカウンターを設けてみてはどうでしょう。
我が家ではまだ子供たちが小さいので個室は設けておらず、お絵かきや塗り絵なんかはもっぱらリビングでしています。一時期話題になったリビング学習。個人的にはある程度年齢が大きくなると子供によっては向き不向きが出てきそうな気もしますが、まだ小さいうちは親の目が届くところにデスクカウンターを設けてあげるとメリットが多いと思います。
リビング・ダイニングスペースにデスクカウンターがあると子供だけでなく大人もちょっとした『ながら仕事』ができるので重宝しますよ。

畳スペース

リビング続きにタタミコーナーや和室があると子育てにはとても便利です。
赤ちゃんのおむつ替えに子供の昼寝と子供が幼児期のうちは『子供を床に寝せる』という場面がとても多いことに気づきます。畳はフロア材に比べクッション性があるので子供がちょっとくらい転んでも安心ですし、ごろりと子供と横になるにはうってつけなスペースです。またあらかじめ間仕切りできるように建具をつけておけば、いざという時に客間として利用することもできるのでおススメです。

家族で使えるリビング本棚

リビングなどの身近なところに家族共有の本棚があるって個人的にすごく良いことだと思っています。
我が家でもリビングに小さいながら本棚を設けているので、子供達は頻繁に本を取り出しては本を読んだり、『これなぁに?』って質問したりしています。知りたいと思った時にすぐに子供が自ら調べたり、時にはパパ、ママと一緒に調べることができる環境を作ってあげることも重要ですよね。また、子供の本だけでなく自分達が読んでいる本も一緒に置いてあげることで家族間で知識や趣味の共有ができるし新しい興味の発掘にもつながると思います。ただ、あまりお子さんが小さいうちに、自分が大事にしている本を置いてしまうと本というよりは単なる遊び道具としてグチャグチャにされてしまうことがあるので要注意ですよ。

ファミリーウォール(家族共有のスケジュール表・伝言ボードなど)

子供はもちろん夫婦間のスケジュールを管理する上でも、家族の予定が共有できるスペースがあるととても便利です。壁の一部を家族で情報共有するための専用スペースにしてみてはどうでしょう。ワタシが勝手に『ファミリーウォール』と命名してみました。笑
我が家は共働きで仕事柄なかなかお互いの休日が合いにくいので、家族共通のカレンダーに予定を書き込んだりや子供の保育園のお便りを張り付けたりしています。またホワイトボードや黒板塗料を使って家族間の伝言を書きこんだりや今日やることをメモ書きできるようにするのもおススメです。子供にとっても重要な要件は書き残しておくというクセをつくし、家族間のコミュニケーションのきっかけにもなりますね。

身長計

『日々の子供の成長の記録を残しておきたい』子供が育てているとそんな気持ちがわいてきます。
そんな人にぜひおすすめしたいアイテムが身長計です。よく考えるとワタシも小さい頃、家のドア枠で定期的に身長を測っていた記憶があります。せっかく家を建てるのであればどこかに身長計を設置して子供の成長を記録として残してはどうでしょう?ぜったいおすすめのアイデアです。

回遊動線

子育てをしていると限られた時間の中で可能な限り家事を効率的に済ませることが重要です。
特に水まわりスペースを中心に回遊(行き止まりなくクルクルと家の中を回れる)できる動線にしておくと移動距離が短縮できスムーズに家事を行えます。
ただ、年頃の子供は最初のうちは面白がって必ず走り回るはずです。そこは覚悟しておきましょう。

広い土間空間や玄関クローク

昔の家屋にはよく見られた土間スペース。今の家にだって土間空間があればとても便利です。
広い土間空間があれば自転車や三輪車、ベビーカーを置くこともできるので盗難等の防犯面でも安心です。またスケートボードといった子ども達の外遊び道具の片付け場所としても使えます。室内で行うにはちょっときになるDIY作業なども土間スペースで行うならお掃除も楽ちん。スペースに余裕があるなら土間空間を大きくとるのもおススメですよ。

季節モノを置くスペース

忙しい毎日を過ごしていると気が付くと1年なんてあっという間に過ぎてしまうわけで。。。
でも子供にはしっかり季節感をしっかり感じられるようにしてあげたいものです。部屋の一角に四季の草花を飾ったり、お正月や節句にクリスマスなどイベントアイテムを置くスペースを用意するだけで雰囲気がでてメリハリがある楽しい時間が過ごせるはずです。

まとめ

子育ては確かに大変ですが、それと以上に楽しいことも多いので、いかに子育て期間を子供と一緒に上手に楽しむか?という視点で考えてみてはどうでしょう。「こんなのがあれば親も子供も楽しいな」とか「こんなのがあれば子育てに便利だな」ということを積極的に取り入れてみましょう。

ただ最後に注意点がひとつ。子供はどんどん成長していくし、やがて巣立っていくわけです。ですからあまり一時的な物事に固執してガチガチな計画をしていまうと後々使えないスペースを生み出すことにもなりかねません。少し先の将来も見据えた住まい計画をおすすめします。ぜひ子供にもママ・パパにも楽しい家づくりを実践してください。