購入する前に絶対知っておきたい「旗竿地」のメリット・デメリット

希望のエリアで土地を探しているけれど、価格面で条件が合いそうな土地が見つからない。

そんなとき、やたらと価格が安い土地に出会うことがあるでしょう。

その土地が旗のついた竿(さお)の形状をしているなら、それは「旗竿地(はたざおち)」です。

土地の形状が特殊なことから、一般的な土地よりも地価が安く設定されているわけです。

この記事では「旗竿地」のメリット・デメリットについて解説していきます。

「旗竿地」の購入を検討するなら、事前に「旗竿地」のメリット・デメリットをしっかり把握したおく必要があります。

ただ土地代が安いというだけで安易に「旗竿地」を購入してしまうと本当に痛い目をみるからです。

旗竿地って何?

旗竿地とは道路(公道)に接する出入口部分が細い通路上の敷地になっていて、その奥に家の敷地がある形状の土地のことを指します。

奥の敷地(旗の部分)に細長い通路上の敷地(竿の部分)が続いている形が、まるで竿につけた旗のような形状をしているため、旗竿地と呼ばれています。

別名で「敷地延長」や「敷延(しきえん)の土地」とも呼ばれ、都市部に多いのが特徴です。

不動産屋が「旗竿地はやめておけ」という理由

まず最初にお話ししておきます。

通常、不動産屋さんに旗竿地の良さを聞けば、おそらくおススメはしない!と答えるでしょう。

それはなぜか?

土地を売買している不動産屋さんは「旗竿地」がいかに売れにくい土地かを知っているからです。

仮にあなたがその土地に生涯住み続けたとしても、いずれ来る子の代、孫の代で土地を売る時がやってきます。

その時に旗竿状の土地はなかなか買い手がつかないということを前提に読み進めてください。

旗竿地のメリット

土地の形状にクセがある旗竿地ならではのメリットはなんでしょう?

  • 土地の価格が安い
  • 道路から奥まった土地なので静か
  • 通路部分をうまく使うことで特別な空間を演出できる

一般的にこのようなメリットが挙げられます。

土地の価格が安い

旗竿地のメリットとしてまず挙げられるのは、土地の価格が安いこと。

土地が旗竿地という特殊な形の場合、土地価格は周辺相場よりも安いことがほとんどです。

ただし、土地の周囲すべてが隣家に囲まれていることもあるため、土地の使い方や工事方法に工夫が必要となることも少なくありません。

旗竿地の価格が安いのは、それなりの理由があるわけです。

土地のかたち上、制約されることも多い旗竿地ですが、運良く諸所の条件等がクリアできれば、地価が高いエリアでも費用を抑えて家を建てることができます。

道路から奥まった土地なので静か

旗竿地では道路から奥まった位置に家を建てることになるので、家のそばを車や人が通ることがありません。

たとえ交通量のや人通りの多い道路に面した場所であったとしても、奥まった旗竿地に家を建てることで、人目や車の騒音をあまり気にせず、よりプライベート感がある家づくりをすることができます。

通路部分をうまく使うことで特別な空間を演出できる

「旗竿地」の特徴はなんといっても道路まで続く細い通路です。

この部分をエントランスアプローチとしてうまく計画することで、建物に入るまでの間をより、一般的な土地ではつくることのできない特別な空間として演出することが可能です。

旗竿地のデメリット

一番はじめに将来的な土地の売却がしずらい点はお伝しました。

それ以外の旗竿地ならではデメリットってなんでしょうか?

  • 駐車が不便になる
  • 採光や通風に工夫が必要になる
  • 建築コスト・解体コストが高くなる
  • 生活インフラの整備にプラスの料金がかかる可能性がある
  • 出入りがしにくい
  • セキュリティ面に注意が必要

その独特な形状の土地ゆえに、注意すべき点は多くなります。

駐車が不便になる

旗竿地のなかには、通路部分の土地幅が2mほどしかないものもあります。

そうなると、駐車した際に余裕を持ってドアを開けられなかったり、自由に乗り降りができなかったりと不便な場面もあるでしょう。

冬季間に積雪のある地域では駐車すること自体をあきらめなければならないケースもありえます。

また、2台以上の車を止める場合、必然的に車を縦列に止めることになります。

もし頻繁に車の出し入れをするような場合、縦列駐車では相当なストレスになるので注意が必要です。

採光や通風に工夫が必要になる

周囲を家に囲まれていることが多い旗竿地は、1階部分の採光や通風が悪くなりがちです。

この問題を解決するために、旗竿地に建てる住宅には、リビングを2階に設けたり、天井近くに大きな窓を設けたりするなどの工夫が必要になってきます。

もしあなたが、1階部分にもしっかりと光が差し込む明るい家を望むなら、旗竿地の購入は慎重に検討したほうがいいかもしれません。

また、周囲がすべて住宅に囲まれていることも多いので、隣家との視線や音の問題も考慮しておく必要があります。

建築コスト・解体コストが高くなる

旗竿地に家を建てる場合、通路部分の土地が狭いことで重機が敷地内に入れないケースもあります。

重機がはいれない場合、職人の作業が増えて建築コストが高くなるので注意が必要です。

また、解体工事も同様の理由でコストが高くなることが予想されます。

将来、建物を解体する際にも想像以上の費用がかかることもありえるので慎重に検討しましょう。

生活インフラの整備にプラスの料金がかかる可能性がある

旗竿地では敷地内に水道管や電線を引き込むのに予想以上のお金がかかることがありえます。

道路までの距離が長い場合、家から道路まで排水するための土地の高さを少し上げるために造成工事が必要になったり、電線を引き込むために敷地内に宅内柱の設置が必要だったりすることもあるので、購入前の入念なチェックと予算化が必須となります。

出入りがしにくい

先ほどお伝えしたように幅が狭い通路部分は駐車スペースだけでなく、玄関へのアプローチも兼ねることになります。

そのため、旗竿地の通路巾次第では、車を止めたらほとんどアプローチのスペースが残らず、自転車が通ることもままならないなんてことも考えられます。

都市部で公共交通機関での移動が可能であれば、車を所有しないという選択も考える必要がありそうです。

セキュリティ面に注意が必要

旗竿地は道路から奥まった部分に家を建てるため死角ができやすい土地といえます。

泥棒は人目が届かない場所を好むことから、どうしても防犯上不安が残ることになります。

そのため人を自動感知するセンサーライトの設置やホームセキュリティに加入するなど、防犯対策にも配慮することが大切になります。

まとめ

今回は「旗竿地」について詳しく見てきました。

「旗竿地」は周りの相場よりも土地の価格が安いというメリットがある反面、通路の広さや家の建築費など注意が必要なところも多くあります。

そのため、「旗竿地」を買う前に家の工事を依頼する工務店や住宅会社に事前に土地を見てもらうのが失敗を回避する1番の方法です。

「旗竿地」の購入を検討するなら、安易な自己判断で進めることは絶対におススメできません。

まずは住宅会社や工務店を決めた上で、自分たちの希望どおりの家が予算内で建てられるかどうか知るところからはじめましょう。