平屋住宅を建てたい!メリット・デメリットを徹底比較

ここ最近広告、ちらし等でもよく見かける『平屋』って文字。

『平屋』は地上階のみで構成される住宅のこと。昔の建物は平屋建てのものも多くありましたが、都市部において十分な土地の確保が難しかったり、2階建ての方が効率よく広い室内スペースが計画できることから、現在の新築住宅は2階建以上で提案されるケースの方が多いですよね。

ただ、ここ数年、『平屋で暮らす』という住まい方が再び注目されてきています。では『平屋』を検討するうえでどんなメリット・デメリットがあるんでしょうか?

今回はそんな『平屋』のメリット・デメリットについて考えていきます。

平屋のメリット

上り下りがない分、移動が楽で暮らしやすい

やっぱりこれが平屋建ての最大のメリットですね。階段による上下移動がないので、日常生活の移動が圧倒的に楽ちんです。実際、生活してみるとその差は歴然。

掃除機や洗濯物を持ったまま階段を上り下りする必要もなく、どの部屋にも水平移動だけで行けるのはとても魅力的です。

年配者でも体の負担が少なく住みやすい

日常生活の移動が楽なので、高齢になった場合やどこか体が不自由になった場合も安心です。高齢になると2階へ行くのが億劫になってしまい、2階に広いスペースがあるにもかかわらず、1階のスペースだけでなんとか生活を完結させて暮らしている方もいたりするわけです。その点平屋の場合、将来的にも住まい方をあまり変える必要がないので安心して暮らせます。

階段スペースが不要

これはそのまま。上階がないので階段自体必要ありません。階段に必要なスペースは一般的な住宅で約2畳ほどの大きさですから、その分を別のスペースとして計画することが可能です。

構造的にも強い傾向

平屋建ては上階部の荷重がありませんし、建物の高さが低く抑えられるので、地震の揺れや風当りが軽減され、構造的に安定します。もちろん2階建の住宅についてもしっかり検討されているので心配する必要はありませんが、平屋建ての方が強度を確保しやすいので、より安定的な建物を無理なく計画することができます。

メンテナンスがしやすい

住宅にはメンテナンスがつきものです。特に外部の壁や屋根・窓周りに関しては定期的な点検・メンテナンスがトラブル回避の必須条件。

2階建の場合高さがあるので、ちょっとした工事の際にもまず足場を組むことが必要になってきますが、平屋は場所や内容によっては足場を組まなくても十分対応できることも多くあります。日常的な点検やお掃除がしやすい点も◎ですね。

音の問題が起きにくい

『2階の子供部屋の足音がうるさくて。。。』

そうです。二階に部屋がある以上音の問題が出てきます。特に『ドンドン!』といった振動音はなかなか軽減できません。(他人ではなく自分の家族の音ですし、大きな音が出やすいのは一時期だけの場合も多いので我慢はしやすいですが)

平屋建ての場合、上部に部屋がないのでそんな心配はありません。

平屋のデメリット

広い土地が必要

平屋はすべての部屋を1フロアに配置するので、法律的にも物理的にもどうしても大きな土地が必要になってきます。仮にぎりぎり配置が可能な場合でも、隣地建物が2階建以上の場合、部屋の明るさ等を考えると窓先にある程度余裕をもって配置しないと、思った以上に暗い。。。などとても残念な家になってしまう場合が多く、現実的に2階建以上での計画を選択をされる方が多いわけです。

建築費が高くなる

同規模の2階建てに比べ建築費用も高くなる傾向にあります。

では、なぜ同じ面積でも平屋の方が高くなるのか?

仮に総2階建ての住宅をちょっと想像してみてください。この場合、各諸室が2層となって計画されているわけですから、建物の基礎(地面で建物を支えるコンクリートの部分)と屋根の大きさは住宅の総面積の二分の一となります。それに比べ平屋の場合は、基礎・屋根は住宅の面積そのままの大きさとなります。これが主なコスト高の要因となるわけです。

防犯上の配慮が必要

夜寝てる時に、窓を少しだけ開けて風通しをしておきたいってことありませんか?

2階の寝室だと就寝時に窓を多少開けておいてもあまり気になりませんが、すべての諸室が1階にある平屋の場合少し不安ですよね。(これは2階リビングの間取り(1階に寝室を計画する場合)にも共通していえることです)

この場合、比較的人が侵入しやすい引違い窓の寝室での採用を控えたり、窓の設置高さを高めに設定するなどの配慮をしてあげると良いかもしれません。

部屋数が多いと明るさの確保や動線計画が難しい場合がある

平屋の場合、当然ながらすべての部屋を1フロアで計画することになります。

もし、希望する部屋数が多い&シンプルな箱形での計画をご希望の場合、建物外壁に面することができないが諸室ができやすく、建物中心部分の明るさや採光の確保が難しい場合や、希望する動線を確保するために長い廊下が必要になってくるなど、プランニングの難易度は高めとなってきます。

2階へ避難ができない

ここ最近は、台風やゲリラ豪雨などで川が氾濫して床下浸水や床上浸水ってニュースもよく耳にします。もし床上浸水になっても2階であれば緊急的に上階へ避難もできますよね。

平屋の場合はどうでしょう?

実際平屋を建築された方も『こうなったら平屋って逃げ場がないよね~』って言っていました。万が一、計画されている土地が低地であったり、大きな河川が近いなんて方は、計画時に万が一を少し考慮されてもいいかもしれませんね。

流れ屋根・勾配天井で計画して、一部にロフトを設けてあげるのもひとつの解決方法です。

まとめ

今回は平屋のメリット・デメリットを考えてみました。ワタシ的には、やっぱり『平屋』は憧れます。
いろいろ注意点はありますが、もし広い土地があるのであれば『平屋』は有力な選択肢であることは間違いありませんので、ぜひ検討してみてください。