フルフラットキッチンで後悔は嫌。I型キッチンを選んだ7つの理由

I型キッチンを選んだ理由

最近、主流の対面型キッチン。

我が家もまだ小さい子どもがいるので対面キッチンは絶対的な条件です。

対面型キッチンといっても、アイライドキッチンやペニンシュラキッチンのようなオープン感MAXのフルフラットタイプか、一般的なI型キッチンを使って造作壁をカウンター状に製作するタイプの2パターンに大きく分けることができます。

雑誌やSNSでもよく見かけるフルフラットキッチンは、開放感があり見た目にもとてもオシャレです。

でも、その反面「フルフラットキッチンを選択してちょっと後悔」なんて声もちらほら。

この記事では我が家で対面キッチンを計画する際、フルフラットキッチンではなくI型キッチン+キッチンカウンターを選択した7つの理由をまとめてみます。

我が家がI型キッチンに決めた7つの理由

まだまだ小さな子どもがいる我が家では対面型のキッチンにすることは当然のように初期条件でした。

以前住んでいた家は独立型キッチン。

キッチンがどんなに散らかっていてもあまり気にならないのが良い反面、キッチンに立つとなかなか子ども様子がわからないストレスがあったことが最大の理由です。

独立型キッチンとは他の部屋との間を壁で仕切り、調理作業の専用スペースを設けるスタイルで、「クローズ」ともいわれます

あとはリビング・ダイニングにスペース開けた対面型のキッチンを選択する際、フルフラットタイプにするか?I型タイプにするか?

我が家の正解はI型キッチン+キッチンカウンターでした。

I型キッチン選択に至った7つの理由がこれです。

  1. 手元がいつも見えるのが不安
  2. コンロまわりの床に油はねするのは絶対に嫌
  3. 意匠的に制限がない
  4. キッチンで使えるコンセントがほしい
  5. ダイニングテーブルで使えるコンセントがほしい
  6. キッチンのスイッチをより近くにほしい
  7. 価格がお手頃

手元がいつも見えるのが不安

フルフラットタイプのキッチンにするとカウンター前にまったく障害がないので手元が丸見えです。

どうもこれが妻的にしっくりこないようで、むしろ少し囲まれていた方が落ち着くとのこと。

ワタシ個人としてもこれに賛成です。

コンロまわりの床に油はねするのは絶対に嫌

フルフラットタイプのキッチンだとコンロ前のオープンになることが多いです。

でもオープンにする以上、周囲の床への油はねは多少なりとも覚悟する必要がありそうです。

さらに油はねでよくある悩みがグリルの排気口への油はね。

ここは市販の排気口カバーを用意してあげると掃除の手間がぐっと減ります。

意匠的に制限がない

キッチン周りの意匠性に手軽に変化をつけたいなら、I型キッチン+キッチンカウンターがおすすめです。

フルフラットタイプのキッチンの場合、キッチン本体はあくまでもメーカーが作る製品です。

オーダーメイドとしてこだわりを持ってつくるのは別として、一般的なメーカーのフルフラットキッチンを採用する場合、その意匠性はメーカーの指定されたバリエーションの中から選ぶことになります。

その点、造作でカウンター部分をつくる場合、造作した壁面の仕上は自由に選ぶことができます。

通常のクロス仕上はもちろん、タイル仕上、無垢板仕上、塗装仕上、最近よく見るモールテックス仕上げなど、部屋のインテリアイメージ合わせて自由な選択が可能です。

ちなみに我が家というと、カウンターの天板に厚みを持たせ、壁仕上はタイルを使って仕上げました。

子どもが小さいこともあり、ダイニングテーブル側の壁面は意外と汚れ目立ちます。

でも、タイル仕上げにしたおかげでさっと拭くだけで掃除がすごく楽です。

キッチンにコンセントがほしい

アイランドキッチンやペニンシュラキッチンの場合、造作の壁がないので、キッチンのワークスペース部にコンセントを設けることができません。

ハンドミキサーや電動スライサーなどキッチンで電動器具を使いたい時に困ります。

もちろんオプションとして手元コンセントを選択できるメーカーもありますが、かなり使えるキッチンが限定的になってしまいます。

その点、造作壁をつくってしまえば配線ができるので好きな位置にコンセント設置が可能です。

ダイニングテーブルにコンセントがほしい

キッチンのワークスペース側同様、フルフラットタイプのキッチンを採用すると、ダイニングテーブル側で使うコンセントの計画も難しくなります。

オーダーでキッチン本体にコンセントをつける

フロアコンセントを利用する

など

電源の確保にはちょっとした工夫が必要です。

I型キッチンだと造作壁部分に簡単に設置することができます。

キッチンのスイッチをより近くにほしい

キッチンに立っているときに照明をON/OFFがしやすい用に照明スイッチをなるべく近くに計画すると便利です。

我が家のようにキッチン周りの造作壁にスイッチを計画すると、照明のON/OFFは本当に便利です。

価格がお手頃

やっぱりフルフラットタイプのキッチンはI型キッチンに比べ価格が高い。

それならば、キッチンはI型にすることで金額をおさえ、キッチンの別の部分の仕様を変えたり、造作壁の仕上げにお金をかけたほうが魅力的に感じたわけです。

まとめ

対面型のキッチンにI型キッチンを選択した7つの理由

  1. 手元がいつも見えるのが不安
  2. コンロまわりの床に油はねするのは絶対に嫌
  3. 意匠的に制限がない
  4. キッチンで使えるコンセントがほしい
  5. ダイニングテーブルで使えるコンセントがほしい
  6. キッチンのスイッチをより近くにほしい
  7. 価格がお手頃

我が家の場合、I型キッチン+キッチンカウンターを選択するのに時間はかかりませんでした。

明確な判断基準をしっかり持つと、決断も早くできるし住んでからの後悔はありません。

ぜひ参考にしてください。