キッチンに絶対ほしい。失敗しないパントリー収納のツクリカタ

最近よく思うコト。
それはどんなに小さくてもパントリー収納はあったほうが良いだろうということです。
働く女性も増え、ネットや週末の大量買いでストックする生活スタイルの家庭も増えていて、想像以上にキッチン周りにはモノがあふれます。我が家でも最近はネットでストック品を一定量購入しているのでパントリー収納はもはや欠かせない存在です。

パントリー収納があれば見せたくないものやこまごましたものをカテゴリー分けしつつ上手に収納できることはもちろん、キッチン周りが雑多ならずスッキリするのも大きなメリットです。
今回は絶対的におススメのパントリー収納について考えてみます。

どれがお好み?パントリー収納の3パターン

キッチンにパントリーを計画する場合、ざっくり分けると3つのパターンがあります。

可動棚収納タイプ
最少スペースから計画できるのがこのタイプです。
キッチン近くにスペースを確保しやすく、小さいながら空間効率は一番良いと思います。
床から天井までを上手に使うことで大きな収納力を確保できます。

ウォークイン収納タイプ
あこがれのパントリーのイメージはもしかするとこのタイプかもしれません。
パントリーとして独立したスペースを持たせるウォークインタイプのパントリー収納です。
全面に収納棚を設置してストック品を収納したり、最近は冷蔵庫もパントリー内に隠してしまう人もいます。

ウォークスルー収納タイプ
パントリーを動線の一部として計画してしまうのがウォークスルータイプです。
一番人気はやはり玄関から裏動線としてパントリーへつながりストック品を収納できる
『玄関(勝手口)→パントリー→キッチン』いう間取りです。

パントリーはウォークインやウォークスルーにこだわらない

パントリーというとウォークインタイプのような専用スペースを設けたくなりますが、クローゼット同様ウォークインタイプは実際の収納密度はそれほど高くはありません。収納スペースのほかに人が出入りするための通路部分が必要になってくるからです。

特にパントリー収納の場合、収納棚の奥行が浅い方が使い勝手がよいことからその収納力は床面積よりも占有できる壁面積に左右されるので、どれだけの壁を収納として使えるかを考えて計画していくべきです。いくらスペースがあっても使える壁が少ないと思うように収納ができないパントリーになりかねません。

またウォークインタイプをキッチン近くに計画するとなると、スペース確保のために全体プラン構成にも少なからず影響が出てきます。
特にウォークスルータイプの場合はより注意が必要です。必要以上にウォークスルーでの計画に固執してしまうと動線計画が非常に限定的になりやすく、本来実現したかった要望がかなわないなんてことになりかねません。
別にウォークスルー収納を作るために家を建てるわけではないはずですから、自分たちのかなえたい要望に優先順位を付けつつ、条件の折り合いがつきそうな場合にウォークスルータイプでの検討をしてみるくらいに考えておいた方が良いかもしれません。

奥行は深くしない。パントリー収納で使いたいアイテムから考えて

パントリー収納は奥行があると奥のものが見えずらい・取り出しずらいとあまり良いことがありません。通常奥行が有効40㎝あればたいていのものは収納できるので、必要以上の奥行は不要です。

パントリー収納の場合、小分け用のボックスやトレーを上手に使って使いやすく収納したいところです。ですから棚板の奥行は実際使いたいボックスやトレーサイズを想定して決めてあげると良いと思います。
ネットでもよく見かける鉄板アイテム無印良品のポリプロピレンファイルボックスは奥行32㎝、ダイソー、セリア、キャンドゥーなどの100均ショップで購入できる収納トレイは奥行30cm程度のものもあります。
ですから棚板は奥行30cm以上を確保しつつ、あまり深くなりすぎない範囲で計画しておくと良いと思います。

まとめ

絶対におすすめしたいパントリー収納でのポイントは3つ

ウォークイン・ウォークスルータイプにこだわりすぎない

収納力は床面積より壁面の占有面積が大事

奥行は必要以上に深くしないことが使いやすさのポイント

使い勝手がよくキッチン廻りがすっきりすることでインテリア性も向上するパントリー収納は
小さくてものいいのでぜひ計画してほしいおススメのスペースです。
ぜひ、みなさんのイエづくりにも取り入れてみてください。