雨も気にならない?横すべりだし窓は忙しい奥さんでも安心。

横すべりだし窓

洗濯機があるUTをはじめ、トイレ・浴室等の水廻り空間でご提案することが多いのがこの横すべりだし窓。
最近では開閉ができるスクエア型の窓として、デザイン的な観点から主要な窓として使われているケースもよく見かけます。
ワタシも特に開閉させたい小さな開口部はこの横すべりだし窓で計画することが多いわけですが、
今回は使い勝手が良いの横すべりだし窓のメリット・デメリットについてお話ししていきます。

横すべりだし窓。開けっ放しにしやすい窓はすごく便利

この窓が使い勝手が良い最大の理由はかつメリットはその開き方にあります。
外側にスライドしながら庇をつくるように開くわけですが、これがなにかと都合がよいワケです。
以前の住宅には軒と呼ばれる外壁より外側に伸びた屋根部分があったので、風が強くない限り多少の雨であれば窓が開いていても雨が中に入ることは少なかったわけですが。

でも、今どきの住宅ってこの軒の出がないデザインが増えていますよね?
この場合窓をあけている際に雨が降ると、すぐに雨が内部にまで入り込んでしまいます。
縦すべりだし窓にいたっては窓障子の内側まで濡れてしまうことに。。。

そんな今どきの悩みを少しだけ解消してくれるのがこの横すべりだし窓。
窓のガラス面が庇代わりとなり、室内に雨が入り込むのを防いでくれるというわけです。

突然の雨が降ってきた時

『あっ家の窓が開けっぱなしだ!?』

普通であれば家じゅう駆け回って、あちこちの窓を閉めなければなりませんが、
そんな時でもこの横すべりだし窓であれば多少の雨なら大丈夫。
開閉が少しルーズでも許される優しい窓は、忙しい奥様方にはうってつけの窓ともいえますね。

サイズが小さな窓であれば開く角度が限定されるので防犯性にも優れており、外から中の様子も見えづらいので、夜間窓を開けたままで寝るにも安心感があります。

また開閉するためのハンドルが窓の下部についているので、
多少高い位置に設置されていても比較的開閉しやすい点もおすすめポイントの一つです。

ただ、縦すべりだし窓のように風をつかまえる効用はないので通風性はさほど高くはなく、
実際開く開口部も小さくなるので、どちらかというと風はとりこみにくい窓といえるかもしれません。

また、縦すべりだし窓同様、外側に障子戸がすべりだす形で開くため、
網戸の開閉時には虫が入りやすい点、窓先の障害物へ注意しなければならないことはよく理解しておきましょう。

通風・換気ならこの窓。縦すべりだし窓のメリット・デメリット

まとめ

今回は『横すべり出し窓』についてお伝えしてみました。

メリット
・開閉できるスクエア型デザインが可能
・雨が入りずらい構造
・外から見えずらい構造
・開口部を小さくすると防犯的にも有利
・ハンドル位置が下部についているので高い位置の窓でも比較的開けやすい

デメリット
・通風性はあまり期待できない
・窓の開閉時に虫が入りやすい
・窓先に障害物があると開くことができない

開閉が少しルーズでも許される優しい窓ならいろんな場所につけたくなったりしませんか?笑
ワタシとしてはやはりランドリー室など窓を開けて換気をしたいスペースにおススメですよ

コチラの窓に関する記事もおすすめ!
快適さが全然違う! トリプルガラス樹脂窓を使ってみて。