おすすめ!ベッドの置き方から考える寝室の大きさ

ベッドから考える寝室サイズ

みなさんはベッドで寝る派ですか?布団を敷いて寝る派ですか?

実はベッドで寝るか、布団を敷いて寝るかによっても必要な寝室の大きさは変わってきます。

今日はそんな寝室の大きさを一緒に考えていきたいと思います。

ベッドと布団だとなにが違うの?

ベッドで寝る場合と布団を敷いて寝る場合では実際どのように違ってくるのでしょうか?

以前は布団を敷いて寝るというご家庭が多かったように思います。ワタシも小さい頃は家族みんなで布団に枕を並べて寝ていました。

この場合、寝るときだけ布団を敷いて、朝起きると布団をしまうことが一般的です。(たまに若かれし頃のワタシのように布団がいつまでも部屋を占領している方もいるかもしれませんが…)

敷いた布団の上であれば行き来することも可能ですし、寝るとき以外は押入にしまってあることが前提とすれば、布団のサイズと同程度のスペースがあれば(入口が開き扉で部屋側に開く場合は開閉のためにスペースが必要になってきます)大きな支障はないと思います。

反対にベッドの場合はどうでしょう?

最近はベッドご利用の方のほうが多いかもしれませんね。ベッドの場合、常に部屋に置かれている状態となり、ベッドにもよりますが、高さも40㎝~くらいはあるわけですね。

仮に、布団と同じ感覚で部屋いっぱいにベッドを置いたとすると、日常的な通行もできなければ、収納の扉を開けることもままならなくなります。おのずと布団を敷いて寝る場合に比べて広い部屋が必要となってくるわけです。

ベッド周辺はどのくらいスペースがあればいいのか?

まず最初にお使いのベッド本体の大きさを事前に確認しておいてください。ベッドマットのサイズに加えフレームやヘッドボードもしっかり考慮しておくことも重要ですね。

続いて、ベッド周りに必要なスペース。たいていの方は少しでも部屋を広く使おうとベッドの片側は壁にぴったりとくっつけてしまいたくなるはず!? ですがこれだと掛け布団が収まらず、反対側へ布団がずれ落ちる原因にもなってしまうので、布団をしっかり収めるためには10㎝~15㎝は壁から離す必要があります。

さらに、ベッドメイキングをしっかりされたいと思う方は30㎝くらいは確保しておいた方が良いでしょう。

さらにさらに、ダブルベッドにお二人で寝る場合、ベッドの両サイドから人がすべりこむことを考慮すると、それぞれ45㎝くらいは通路幅を確保しないとならないわけです。

他にも、部屋に暖房機器がある場合、使い勝手上・安全上支障がないようなスペース確保が必要ですし、扉付の収納がある場合は人が前に立って開閉できるだけのスペースも必要になってきますね。

まとめ

ベッド置く際に必要なスペースを中心にお話してきましたが、ベッド本体以外にも思っていたよりスペースが必要なんだなぁという感想をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

実際は窓位置やコンセントレイアウト、照明計画にも密接に関係しているのであらかじめ検討しておくことが重要ですよ。これを機にベッド派から敷き布団派に変更するというのも一案かもしれません。