おすすめ!ぴったりのダイニングテーブルサイズを考える方法

家づくりをすすめる上で家具選びは楽しみのひとつですよね。その中でもダイニングテーブルは人があつまりやすく、家の中心ともなりうる存在。その選定にはより力が入るかも多いはず!?特にサイズに関しては実際の使い勝手に大きく左右してくるので少し注意が必要です。今回はそんなダイニングテーブルの大きさについて一緒に考えていきましょう。

ダイニングテーブルの大きさ・高さってどのくらい?

まずダイニングテーブルの大きさ。家族構成から考えて何人用のテーブルが必要になりますか?仮に4人用であれば一般的に市販されているものはW=1200程度からありますが、もし、大人4人となるともう少しゆとりがあると使いやすいかもしれませんね。また、普段大皿で料理を出しているのか、あらかじめ小皿にとりわけて料理を出しているのかによっても違いがでてくるので、今日の夕飯の際に、普段いったいどのくらいのスペースを使って食事をしているのか(あるいは今後どのくらいの余裕がほしいのか?)注意深く観察してみてください。

高さについては一般的に65㎝~72㎝くらいで作られていることが多いでしょうか?男性と女性とでは身長が違うので、仮に女性の方に標準を合わせて選ぶ場合などはテーブル高さも少し低め選ぶと使いやすいようです。また、テーブル高さが変わると椅子の高さもおのずと変わってくるので、椅子とテーブルのセット品を購入いただく場合はさほど問題ないと思いますが、テーブルと椅子をそれぞれ別途 用意することを考えている場合は組み合わせた場合の高さ関係にも注意してくださいね。

テーブル周りの必要寸法は配置次第。

さて、気を付けたいのはテーブル周りの寸法です。みなさんは椅子をひくのにどのくらいのスペースが必要だと思いますか?もし、今お使いの椅子があれば一度自分でも測ってみてください。きっと最低75㎝くらいは必要になってくると思います。ワタシの場合は後ろを人が通ることがないような場所であれば80㎝くらいで計画することが多いですね。

では、人が通るような場所であればどのくらい必要となってくるのでしょうか?

食事中にたまに人がすり抜ける(カニのように横になって)程度であれば90㎝くらいあれば十分かと思いますが、頻度よく人が往来するような場合は、最低120㎝以上確保してあげるのが良いでしょう。

まとめ

以上、ダイニングテーブルサイズについてお話してきました。ダイニングスペースはテーブルサイズに加え人が動けるだけの十分なスペースが必要なんだってことがわかっていただけたと思います。実際計画されているダイニングスペースに設置可能なダイニングテーブルの大きさを確認してみましょう。万が一スペースが不足しているようであれば、とても使いづらかったり、ご希望のダイニングテーブルが設置できないってこともあるのでしっかりと事前にチェックしてください。