JIMBO【NKシリーズ】とPanasonic【SO-STYLE】おしゃれスイッチを比較してみた

せっかく家を建てるからには、照明スイッチひとつまでもこだわりを持ちたいって人も多いはずです。

おそらくこの記事にたどりついてくれた方はそんな気持ちをもっている方だと思います。

この記事ではシンプルなおしゃれスイッチの代名詞ともいえるJIMBO【NKシリーズ】スイッチとPanasonicの最新シリーズ【SO-STYLE】のスイッチのデザイン比較について紹介していきます。

もしこれから照明スイッチの検討に入る人にとって、選択肢のひとつになる可能性が高いスイッチなので要チェックです。

どちらも相当クールな仕上がりですが、それぞれにデザインの違いもあるので、まずはこの記事でしっかりと確認してください。

スイッチプレートのデザイン


まずはスイッチプレートデザインから比較してみます。

スイッチプレートは共にスクエアタイプで、角にあまり丸みをもたせることなく、比較的しっかりとカクカク感を全面に出したシンプルかつフラットな仕上がりです。


上の写真をみてください。
一番上がPanasonic【SO-STYLE】、中間がJIMBO【NKシリーズ】、そして一番下がPanasonic【コスモシリーズ】のスクエア型のスイッチプレートです

プレートだけ比べるとJIMBO【NKシリーズ】とPanasonic【SO-STYLE】とではさほど大きな違いがないことがわかります。

この写真から同じスクエアタイプでも、Panasonic【コスモシリーズ】と比べてみるとその差は歴然です。

スイッチ形状と大きさ

次にスイッチ本体の形状と大きさについて比較してみます。

スイッチ形状について

を少し横からみたスイッチ形状の写真です。

まずはJIMBO【NKシリーズ】のスイッチ形状↓

次にPanasonic【SO-STYLE】のスイッチ形状↓

直線的なスイッチ形状のJIMBO【NKシリーズ】に対して、Panasonic【SO-STYLE】はよくみるとVの字型の形状をしているのがわかります。

スイッチ本体の大きさ

共にスイッチの横幅は≒28㎜と小さめです。

違いがあるのが縦方向のサイズ設定です。

スイッチサイズが1タイプに統一されているPanasonic【SO-STYLE】に対し、JIMBO【NKシリーズ】はプレート開口を統一する形になっています。

1スイッチ、2スイッチだとその違いがよくわかります。

1スイッチの場合、JIMBO【NKシリーズ】のスイッチサイズはPanasonic【SO-STYLE】の≒3倍になります

2スイッチの場合、JIMBO【NKシリーズ】の場合、上下のスイッチサイズは1:2の比率で異なります。

この上下のスイッチサイズに違いは、操作対象の照明を認識しやすいという点でメリットですね。

3スイッチの場合は、スイッチ本体の大きさの違いについてはあまり差異を感じることはなくなります。

カラーバリエーションと質感

次に比較するのはカラーバリエーション

Panasonic【SO-STYLE】ではホワイト、ブラックの2色展開です。

ただ、マット仕上げ標準仕上げ(マットではない従来品のように光沢感がある)との2パターンから質感が選べるようです。

JIMBO【NKシリーズ】ではピュアホワイト、ソリッドグレー、ソフトブラックの3色展開。

質感はいずれもマットな仕上げになっています。

スイッチの使用感

つづいてスイッチを押した使用感です。

両スイッチに共通するのはスイッチをON/OFFした時に「カチッ」という心地よい操作音がなる点。

「スイッチを押した感」をすごく感じることができます。

実際の使用感を比べてみると、Panasonic【SO-STYLE】のほうがJIMBO【NKシリーズ】より少しだけ軽い感じでON/OFFできます。

なかなか言葉では伝わりませんが、もしかするとスイッチ押した感触は好みが分かれるところかもしれません。

ガイドランプと調光スイッチの対応

今のところPanasonic【SO-STYLE】ではスイッチランプへの対応はないようです。

JIMBO【NKシリーズ】ではライン状のガイドライプ設定があります。

ただ、このようなデザインスイッチを採用する場合、あえてランプ機能を付けずにスッキリとしたまま使う場合が多いですね。

それとPanasonic【SO-STYLE】では調光スイッチのバリエーションもカタログ上では確認できませんでした。

おそらく調光スイッチが必要な場合は、パナソニックの主力シリーズであるコスモシリーズやアドバンスシリーズの調光スイッチを使用することになると思います。

まとめ

今回はJIMBO【NKシリーズ】スイッチとPanasonic【SO-STYLE】スイッチを比較してみました。

両スイッチともシンプルで美しいフォルムは、どんな部屋のインテリアにも上品に溶け込んでくれそうです。

照明スイッチは毎日触れるものだからこそ、本当に気に入ったもの使いたいですね。

これからスイッチを検討するというあなたは、ぜひ今回紹介した2種類のスイッチも検討してみてください。

JIMBO【NKシリーズ】とPanasonic【SO-STYLE】 あなたは好みはどちらですか?

新築の失敗あるある!コンセント位置はこう決める【部屋別で超解説】

新築の失敗あるある!照明スイッチの位置はこう考える。

スイッチ高さとコンセント高さ。基準高さはこう考える。