キッチンのゴミ箱置き場がない!?分別ゴミから考えるゴミ置き場のツクリカタ

キッチンのゴミスペースのツクリカタ

これから家を新築したりリノベーションする時にぜひ忘れず考えてほしい点はキッチンのゴミ箱置き場をどこにするか!ということ。

キッチンは毎日ゴミが発生する場所なので、きれいなキッチンを保つためにはしっかりゴミスペースを確保しておくことが大切です。

行き場所のないゴミがあふれるキッチンなんて絶対にストレスMax。

今回は『キッチンのごみ箱置き場のツクリカタ』について考えていきます。

ゴミ箱置き場候補はココだ。アナタん家の最適解はどこ?

キッチンスペース内でゴミ箱置き場を設けようとするとそのスペースはおのずと限定される。まずは候補になりえる位置はどこなのかを確認しておきましょう。

王道のキッチン収納の下部

キッチン収納部の下をオープンスペースとしてゴミ箱置き場にしてしまうのが一番手軽に確保できるゴミスペースだと思います。各キッチンメーカーでは、食器棚の一部をオープンスペースとしてプランニングができるようになっているはずです。食器棚の組み合わせを決める際、このオープンスペースを選択するだけで簡単にゴミ箱置き場を確保することができます。

ただ、ここでよく考えてほしいのが実際設置するゴミ箱の選定です。もちろんメーカーではサイズぴったりに専用ゴミストッカーを用意してくれています。当然ながら見た目は統一感が出て良いわけですが、使い勝手と容量は少し注意深く検討する必要です。容量が小さかったり、まるごとキャスターで引き出すことに煩わしさを感じる人も多いので、その場合は自分で好みのゴミ箱を見つける必要があります。

できたら便利!?キッチンシンク下のゴミスペース

もし検討中のキッチンがオリジナルの製作品であったり、キッチンメーカーのシリーズ型のキッチンでもシンク下のオープンスペースレイアウトが対応可能なものであれば、このシンク下をゴミスペースとして利用できます。特にキッチンシンクが主な発生元である生ゴミは、より近い場所にゴミスペースを設置できると使い勝手は良いわけですが、対応可能なキッチンがかなり限定されてしまうのでハードルは少し高めといえます。また、生ゴミを置く場合、匂い対策・湿気対策として蓋付きゴミ箱などを検討が必須です。

キッチンパントリーの中

キッチンパントリーの検討をされている方はパントリーの一部をゴミ箱スペースとして計画することも可能です。この場合の注意点はパントリーの位置関係。パントリーの位置がキッチンのワークスペースから離れすぎている場合は日常的な使い勝手に難ありです。キッチンをきれいに保つのも大切ですが、極端に使い勝手が悪くなるのは問題ですよね。
それとパントリーに収納するモノ次第ではありますが、個人的には生ごみ置き場はして活用することはなるべく避けるべきかなと思ってます。パントリーサイズにもよりますがプラスチックごみや瓶・缶・ペットボトルなど比較的ボリュームの大きくなりやすいゴミのスペースとして提案することが多いです。

キッチン周辺の勝手口外

もしキッチンに勝手口があるなら勝手口から外に出た、すぐ脇のスペースをゴミ置き場スペースとして活用するのも一案です。特に生ごみなど臭気が出るゴミの一時置きスペースとしては有効です。この場合、できれば屋根がほしいところですが、屋根が無い場合は雨・風やカラスなどの襲撃に備え、しっかりとしたゴミ箱を用意する必要がありそうです。

キッチンのゴミ箱スペースをつくるために確認したい3ステップ

ただやみくもにゴミ置き場スペースを設けても、実際住み始めたら想像と全然違っていたということもありえます。実際自分たちにあったゴミスペースを考えるために事前に次の3ステップで確認してみてください。

STEP1 お住まいの(になる)地域の分別方法を確認する
STEP2 ゴミの量を知る(家族の人数等・発生量・ゴミ出し迄の期間)
STEP3 ゴミスペースの優先順位と家事動線をシュミレーションする

ではさっそく今回は我が家を例にして考えていきます。

STEP1 お住まいの(になる)地域の分別方法を確認する

まずはそれぞれの地域のゴミ分別の方法を確認します。分別の種類によってゴミの発生量や必要なスペースが変わってくるので、ゴミの収集頻度と一緒に一番最初に再確認する必要があります。

実際ワタシが住む地域の主な分別はこんな感じでした。

・燃えるゴミ(一般ゴミ・生ゴミ) 週2回収集
・プラスチックごみ 週1回収集
・瓶/缶/ペットボトル 週1回収集
・雑紙 隔週1回収集
・燃えないゴミ 隔週1回収集
・資源ごみ(段ボール・雑誌等)月1回収集

特に新築等で引っ越しを考えている場合、それぞれの市町村によってゴミ分別の考え方がまったく異なるので注意が必要です。

STEP2 ゴミの量を知る(家族の人数等・発生量・ゴミ出し迄の期間)

次にゴミの量です。現在自分の家ではどのくらいのゴミが発生するのかをあらためて確認してみます。普段何気なくごみ捨てしている人もさきほど確認したゴミ分別ごとに1回のゴミ収集日にどのくらいのゴミが発生するのか意識的に確認してみます。この際、燃えるゴミに関しては家全体のゴミ量と一緒にキッチン周辺で発生するゴミ量も確認しておくようにしておきます。
ちなみに我が家のゴミ収集までに発生するゴミ量は、キッチンスペースで発生する燃えるゴミ(一般ゴミ)では平均10L弱、燃えるゴミ(生ゴミ)では平均5L程度となりました。皆さんの家庭ではどうですか?
ゴミ量は季節や家族構成によっても変わるので少し余裕をもって計画してほうがベターかもしれませんね。

STEP3 ゴミスペースの優先順位と家事動線をシュミレーションする

さて、ここまで確認できたらあとはキッチン必要なゴミスペースが確保できるかの検討です。限られたスペースで絶対にキッチンに確保しておきたいゴミスペースはどんなゴミでどのくらいの容量が必要かを再度確認していきます。

我が家の場合、キッチンにゴミ置き場スペースとして最低限確保しておきたい分別ゴミは

・燃えるゴミ(一般ごみ用)
・燃えるゴミ(生ゴミ用)
・プラスチックごみ

です。

ではそれ以外のゴミはどうするばよいでしょう?

我が家の場合、キッチンには上記の絶対はずせないゴミ以外は少し離れた別の収納内にスペースを確保することにしました。もちろん瓶・缶・ペットボトルゴミもキッチン周辺にスペースを確保できればよかったのですが、ゴミ用として確保できるスペースがかなり限定されていたので、毎回のゴミの量が大きくなりがちなものは無理せずにスペースを別の場所に設け、キッチンは収納力の確保や使い勝手を優先させたというわけです。

また、別に設けたゴミ置き場スペースもどこでも良いってわけではないですよ。やはり日常的にゴミを捨てやすいかつゴミ取集日にゴミを持ち出しやすい場所であることを事前に可能な限り考慮しておく必要があります。

まとめ

キッチンのゴミ箱置き場を考えた時、まず候補して検討したい箇所は

キッチン収納の下部
キッチンシンク下部
キッチンパントリーの中
キッチン周辺の勝手口外

実際自分たちにあったゴミスペースを考えるための3ステップは

STEP1 お住まいの(になる)地域の分別方法を確認する
STEP2 ゴミの量を知る(家族の人数等・発生量・ゴミ出し迄の期間)
STEP3 ゴミスペースの優先順位と家事動線をシュミレーションする

キッチンにゴミ置き場がないと実際の生活を始めると致命的です。キッチンにゴミがあふれ放題なんて事態は回避しておきたいところ。早い段階から自分たちに必要なゴミの量を確認して、しっかりとゴミ箱スペースを確保することがスッキリしたキッチンを手に入れる近道ですよ。

キッチンはケユカ(KEYUCA)のゴミ箱!決めた理由とおすすめ寸法。