トリプルガラス樹脂サッシ窓にするなら、まずはココ!だと思う場所

断熱性能をあげるためにワタシとしてはぜひ採用してほしいトリプルガラス樹脂サッシ窓。予算の関係で家の窓すべてとはいかないまでも、部分的にでもトリプルガラスを採用したいと考えているひとも多いのかなと思います。
では、いったいどんな窓を優先的にトリプルガラス樹脂サッシにするのが効果的なのでしょう?
ワタシ的にトリプルガラスにすることを特にお勧めしたい窓についてお話ししていきます。

優先的にトリプルガラスを採用した方がよい3つの条件

優先的にトリプルガラスにすべきなのはどの窓?ということで
特にトリプルガラスの採用をおススメしたい窓の条件を3つほどあげてみます。

①身体が近くにまで寄るであろう窓

まずひとつ目は普段の生活の中で至近距離に近づくことが多い窓です。
断熱性能が低い窓は外気温の影響を特に受けやすく、真冬に窓近くよると窓自体からの冷気を感じやすくなるため、室温以上に不快感を感じるわけです。特にソファーなど長く滞在するような場所の近くにある窓はトリプルガラスを採用するのがおススメです。

②北向きのサイズが大きい窓

窓のサイズが大きければそこからの熱損失もおのずと大きくなります。
特に北向きの大きい窓は日射による恩恵も期待できないのでトリプルガラスの採用をおすすめしたい箇所といえます。ただ、トリプルガラスの場合、通常の窓に比べ対応サイズに制限されます。また、当然ながら大きい窓サイズにすると当然価格差も大きくなるので、早い段階からしっかりと予算を確認しながら打ち合わせを進めていきましょう。

③湿度が高くなりやすい場所にある窓

湿度が上がりやすい箇所もトリプルガラスをおすすめしたい場所。
ワタシが住むココ北海道では通常のLOW-Eペアガラス仕様の場合、室内の湿度を少し上げただけでもすぐに結露してしまうわけです。これが実に厄介なわけで。。。
ふいてもふいても結露ができるのはすごくストレスがたまりますし、カビ発生の原因にもなるので室内を十分に加湿することをちょっとためらってしまいます。
特に寒冷地に住んでいる方は湿度が高くなる部屋あるいは高くしたい部屋の窓もぜひトリプルガラスを採用してみてください。トリプルガラスを採用したから全く結露しないということではありません!!
ただ、結露によるストレスは劇的に改善されるので賢い選択だと思います。

日射熱取得を優先して北側の窓を中心にトリプルガラスを採用するという考え方は?

トリプルガラスの部分使いを考える際、トリプルガラスは北側を優先して、南側の窓は日射が取り込みやすさを優先してペアガラスを選択するといった提案を受けることがあるかもしれません。これは南側の窓はについてはトリプルガラスで断熱性を向上させるより、ペアガラスのまま日射熱をより室内に取り込みやすい窓にした方がエネルギー的なメリットがあるだろうという考え方です。

たしかに太陽の日射は上手に取り入れることができると相当な熱量となるので冬場は積極的に取り入れたいところですよね。

ただこの時注意しなければならないのは日射が入る時間は立地によってはかなり限定的なものになるということです。

天気はいつも晴れの日ばかりとは限りませんし、都市部の込みいった住宅地おいては隣地建物によって日射が差し込む時間もかなり制限されてしまうわけです。ですからただ南側の窓だからといって単純に日射の取り込むことを優先すべきということにはなならないわけです。

特にワタシが住むここ北海道のように冬場の外気温が相当低くなる地域においては、南側の窓であろうとなかろうとまずはトリプルガラスを採用することをおススメしています。もちろん窓からの熱の出入りによる損得も大事なんですが、それ以上にトリプルガラスとペアガラスでは室内で体感できる快適性が格段に違ってくるからです。まずはトリプルガラスを採用した上で南側の日射が期待できる窓があればできる限り日射熱を室内に取り込みやすいLOW-Eガラスを選択するようにしましょう!という考え方です。

⇒Low-Eガラスあなたは何色?ワタシが選ぶガラス色とその理由

まとめ

家の断熱性能強化にぜひとも採用してほしいトリプルガラス樹脂サッシ窓。
ワタシがトリプルガラス樹脂サッシを優先的に採用したい箇所は以下の3つ条件にあてはまる窓です。

①身体が近くにまで寄るであろう窓
②北向きのサイズが大きい窓
③湿度が高くなりやすい場所にある窓

どうでしょう?あてはまる窓はありましたか?
上の3つの条件が全てあてはまるであろうリビング・ダイニングに設ける掃出し窓は、ワタシ的には絶対トリプルガラスを採用してほしい窓のひとつですね。せひ参考にしてみてください

窓について検討中ならこちらの記事もおススメ!なのでぜひ参考にしてみてください

⇒快適さが全然違う!トリプルガラス樹脂窓を使ってみて

⇒知ってる?新築住宅 窓の一部に引き違い窓をおススメする理由

⇒通風・換気ならこの窓。縦すべりだし窓のメリット・デメリット

⇒窓の種類を考える。横すべりだし窓は忙しい奥さんでも安心