リクシルピアラと造作カウンターで作るコスパ高めの洗面スペース計画

既成品の洗面化粧台。

最もスタンダードな横幅はおそらくW寸法75cmではないでしょうか?

でも欲をいうと、洗面スペースはもう少しだけ余裕がほしいけど、予算はあまりかけたくない。

そんなときは洗面化粧台の横にカウンターを設置すると、それだけで洗面スペースの使い勝手は格段によくなります。

今回は実例として我が家の洗面スペースを紹介していきます。

リクシルの人気洗面化粧台ピアラに造作カウンターを組み合わせただけですが、ものすごく使いやすくて満足しています。

既成品の洗面化粧台を使う予定だけど、ちょっと物足りないと思っている人はぜひ参考にしてください。

洗面化粧台にリクシルのピアラを選んだ理由

既成の洗面化粧台と造作カウンターを組み合わせて洗面スペースをつくる場合、肝心の洗面化粧台をどこのメーカーのどれにするかが最も重要なポイントでした。

数ある洗面化粧台の中から、最終的に選んだのがリクシルのピアラです。

選ぶ際、最初の条件にしたことはハイバック水栓であること。

ハイバック水栓とは?
壁付け水栓。最大のメリットは、洗面ボウル付近の空間を広く使えること。また、水栓の根本に水たまりができないので、掃除が簡単になります

やはり水回りスペースではお手入れがカンタンなことがとても重要です。

リクシルピアラの良い点。気になった点。

ハイバック水栓以外のピアラの良いなと思った点をあげてみます。

スクエア型のひろびろボウルはデザイン的に良いし、使いやすそうなこと

ピアラのスクエア型のボウルは見た目もよく、底面がフラットなのが気に入っています。

また、標準でウェットパレット、ドライパレットといった小物置き場がついてくるので使い勝手◎

扉の背面にドライヤー収納がついていること

ドライヤーをどこに収納するか?って意外と迷いどころなんです。

正直にいうと、ドライヤー収納については最初から意識していたわけではありません。

ただ、実際使い始めると扉の裏側にドライヤーを定位置収納できるのは便利です。

ここにドライヤー収納がなければ、どこに収納するかしばらく悩んでいたと思います。

首振りが可能な「くるくる水栓」であること

以前までのピアラの水栓は首振りできませんでしたが、マイナーチェンジで水栓デザインが変更になり左右に首振りできるようになりました。

実はデザインだけ見ると前の水栓の方が好きという人も結構います。

でも、首振りができるようになったのはすごく便利。

いざとなれば洗面ボウルを広くつかえるし、水栓が首振りできるから複数で洗面化粧台を使いやすくなりました。

リクシルピアラの気になる点。

当然ながら気になる点もあります。

  • 扉デザインバリエーションが少し物足りないこと
  • 取っ手の高級感・デザイン性が個人的に残念なこと(欲を言えば取っ手はタオル掛けとしても利用したかった)

の2点です

でも、どちらも扉に関わる問題なので、どうしても気に入らない場合は扉だけオリジナルで作ってもらうのも一案です。

造作カウンターの使い方と3つの機能

洗面化粧台本体横にはメラミンカウンターを製作して取り付けました。

製作といってもあまり予算がなかったので、ただ洗面台の横に置くだけ。。。

とても簡単だし、ローコストです。

ブラシや化粧道具、コンタクトレンズなどをいっぺんに広げることができるカウンターがあれば朝の準備はスムーズです。

入浴時、下着などの着替えやバスタオルの置き場所で困ることもなくなりました。

造作カウンターに3つの機能

今回洗面化粧台横に設けた造作カウンターは3つの機能を持たせました。

  • アイロン用のワークスペース
  • アイロン台・体重計の収納スペース
  • 洗濯物置き場スペース

特にほしかったのが洗濯物置き場。

子どもがいると洗濯物の量がとにかくすごいコトになります。

いつも洗濯物があふれかえっている状態も嫌なので、カウンター下部に専用のスペースを確保することにしました。

洗濯物は洗濯カゴで仕分け

洗濯カゴ3つ使いで洗濯物仕分け。おすすめはキャスター付洗濯物入れ

ミラーキャビネットの選定にもひと工夫

我が家の洗面スペースはミラーキャビネットにもひと工夫しました。

ピアラの標準ミラーではなく、リクシルのルミシスというシリーズのスライドミラーを採用。

こうすればミラー部が移動できるので、洗面スペースを複数で利用しやすくなります。

壁全面を単純に一枚鏡にすることも考えてましたが、それだとどうしても洗面スペースの収納が少なくなるので却下。

ルミシスシリーズのスライドミラー、ピアラの標準ミラーと比べるとちょっとお値段はしますが、使い勝手はまずまず満足しています。

まとめ

予算をおさえつつ、使いやすい洗面スペースをいかに実現するか?から考えた我が家の洗面スペース。

洗面スペースもこだわり出せばきりがないわけですが、既製品の洗面化粧台を使って造作部分はカウンターだけに限定するとコストパフォーマンスは高くなります。

個人的になかなかうまくまとまったんじゃないのかなと気にいってます。

特に、洗濯物置き場は洗濯物が多くなる子育て世代には特におすすめのスペースなのでぜひ検討してみてください。