洗面所(兼脱衣所)にはたして鍵は必要なのか?

鍵をつけるか?つけないか?

質問:現在のあなたのお住まいの洗面所(兼脱衣所)には鍵ついていますか?

洗面所と脱衣所とを兼用するような間取りって良く見かけますが、家族が主な利用者である家の洗面所(兼脱衣所)にも鍵をつけるべきかは意外と悩むどころのようです。

新しく家づくりを進める際、あなたなら鍵をつけますか?つけませんか? 今回はそんな洗面所(兼脱衣所)の鍵についてお話していきましょう。

鍵不要派の主張。。。

鍵を使うのはもっぱらお風呂に入る時。

でも、この話題になると多くのご夫婦から『家族なんだし鍵までつける必要ある?』って会話が聞こえてきます。

実際、賃貸住宅ではあまり鍵を設置しているケースが少ないせいか、もしかすると鍵がついていないのがどちらかというと一般的なのかもしれません。

特に男性は『鍵なんてわずらわしい!』『あっても使わないよ!』って否定的な意見の方が多いですね。ワタシ自身、これまで鍵がついていないことに何の不便も感じずに過ごしてきましたし、実際、今の家にはついてはいません。

仮に入浴中に鍵をかける場合、本人以外は洗面所を使えないってストレスはきっと出てきますよね。

鍵の必要な場合ってどんな時?

では、洗面所(兼脱衣所)の鍵を検討した方が良いのはどんな場合か?

まず奥さんの意見はどうでしょうか? 奥さんが必要と思うのなら鍵は迷わずつけておきましょう。

また、娘さんがいるご家庭はより注意が必要です。まだ小さいときには必要性はあまり感じることはないかもしれませんが、ある年頃になった時から鍵がないことを気にされるかもしれません。

万が一、お父さんが誤って着替え中に開けてしまったなんてことになると。。。『パパの馬鹿~!』ってな具合に、親子喧嘩の原因になりかねません。

あと、親御さんやお友達が泊りにくるようなご家庭はぜひ検討された方が良いと思います。ついつい普段の感覚で開けてしまった先が家族以外の場合はより気まずいですね。人間、気を付けていてもうっかりっていう時がありますから~。

鍵をつける場合のチェックポイント

表示錠にする?それと簡易錠にする?

さて鍵を付けるとなった場合、どんな鍵をつけるかですが、通常の既製品の建具を使うのであれば選択肢は2種類。

表示錠と簡易錠です。

表示錠は鍵をかけた時に赤、鍵がかかっていなければ青と表示される鍵のことで、一般的にトイレで使われているので皆さんも見たことあると思います。

もう一つの簡易錠というのは赤や青の表示がなく、鍵をかかっているか、かかっていないか見た目ではわかりません。

洗面所(兼脱衣所)の鍵の場合、入り口の位置によっては鍵はつけたいけど見た目はシンプルに!ということで簡易錠を選択されるかたもいらっしゃいます。その辺は自分のお好みで選んでみてください

いざというときに反対側からも開錠できた方が良い

これは大事です。

洗面所(兼脱衣所)に鍵をつける場合、いざというときに外側からも開けられるようにしておきましょう。内側から鍵をかけたままお風呂や洗面所で倒れてしまった場合でも、外からで開錠できるようにしておけば安心ですね。

まれにお子さんが洗面所に立てこもるって可能性もありますし。。。

既製建具であれば、たいてい外側からはコインで開錠できる錠前になっていますよね。

まとめ

洗面所(兼脱衣所)の鍵については皆さんの意見はどうでしょうか?

判断のポイントはズバリ! 『女性』の意見だと思います。

ワタシは個人的に今はなくてもいいかなぁって思っています。でも、もしこの先娘ができたらつけちゃうかもしれません。。。いや、間違いなくつけるでしょう(笑)

もし、どうしても迷って決められない!って方はそれほど金額も高くないと思うのでつけておいてください。使わなかったとしても支障はありませんので。

電気の消し忘れ注意。でもトレイ照明にはセンサーをつけない理由。

2つめのトイレは必要?あなたの家のトイレはどうですか?